ホームページ
ご紹介
序文
前書き
火盗み者オンライン
関山論談
関連文章
関連写真

 

序文

火盗み者----プロメテウス

ギリシア神話によると人類はプロメテウスにより創造されたと言われている。彼は人間の先生であり、人間に幸せや満足をもたらすものなら、何でも教えてくれる。同じ様に、人間も愛や忠誠で彼を感謝し、報いる。だが、最高神ゼウスは人間に自分のみを奉伺するように要求した。人間の弁護士としてプロメテウスがゼウスの逆鱗を触れた。彼に罰として、ゼウスは人類文明を完成させるための最後の物――火を人間に与えることを拒絶した。しかし、プロメテウスがあらゆる手を尽くし、火種を盗み出し、人間に与えた。
それで、ゼウスはかんかんに怒り、プロメテウスをコーカサス山まで連れて行くと命じた。どう足掻いても千切れない鎖できわめて険しい断崖にプロメテウスが繋がられ、眠ることもできず、疲れ果てても両膝を曲げることもできない。それに、彼の起伏する胸にダイヤモンドの楔が刺されている。プロメテウスは餓えや風や日当たりに耐える上に、ゼウスに放された大鷲に肝臓をついばませる。食べられた肝臓はすぐに治ってしまうので、ヘラクレスという英雄に助けられたまで、プロメテウスの苦難が毎日続いたというものだった。
本書に描かれたのは現代の火盗人――楊斌氏。
楊斌氏は1963年に中国南京に生まれ、5歳で孤児となり、物乞いすることで生きてきた。十八まで世間の苦難を遍歴し成長してきた。あらゆる困難に負けず、他人を超える才知や胆力を以って全力を尽くして努力し、彼は人民幣72億元で中国の億万長者となった。
莫大な財産をもてあまし、贅沢な生活を享受できるはずなのに、2200万の北朝鮮人民を貧困から救い出せ、富裕な生活で暮らせさせるため、東北アジア地域平和のため、肉と血で結ばれた中朝友誼のために、楊斌氏は北朝鮮の指導者金正日を説服し、中国経済特区の理念と成功経験を参考にし、新義州特別行政区を設置させることになった。北朝鮮が国際社会から経済制裁を受けるリスクを受け入れ、さまざまな妨害を乗越え、彼は北朝鮮の新義州特別行政区の初代長官に任命され、特区行政法の起草を取り仕切った。だが、楊斌氏は任に付き、大いに活躍し始める直前に中国当局に逮捕され、今まで入獄したままでいた。
北朝鮮の人民に幸福な生活を与えるために、東北アジア平和のために、楊斌氏は自分の安否に気を留めず、耻を忍んで重責を担い、財産や家庭をそれに自由まで失った。彼こそ21世紀の火盗人であり、東北アジア平和に心身を捧げた現代のプロメテウスである。


住所:香港九竜大角咀海輝道十八号一号銀海第六座十八楼C座 訪問の人々
Copyright (c) 2008 www.ybpeace.com All rights reserved.